熟成させた
さつまいもの
おいしさ

  1. HOME
  2. さつまいもの豆知識

さつまいもを購入いただいた方から
「どうやって食べたらいいの?」
「どうやって保存したらいいの?」など
よく質問をいただきます。

ネット上にはいろんな情報があり過ぎて、
逆にわかりづらいですよね!

今回は、調理編、熟成編、保存編
に分けてご説明します。

さつまいも

調理編

手間をかけずに美味しく食べるコツ
やっぱり焼くのが1番です!

おいしい順に並べるとこうなります。

焼く > 茹でる・蒸す > レンジ調理

※レンジ調理では、どんなに美味しいお芋も
なかなか上手にはできません。

~かんたんレシピ 3選~

かんたんレシピ①
そのまま茹でるだけ!

常温のお水に入れて茹でるだけです。
<調理時間の目安>
50〜100g 10分でOK
100〜200g 15〜20分
200g以上 30分以上

★食べ切れなかった分はマッシュし、
マヨネーズときゅうりや玉ねぎを和えて、
さつまいもサラダにしても美味しい。
さつまいも産地の郷土料理です。

かんたんレシピ②
大学芋風おいも焼き

天ぷらくらいの厚さに薄切り、
フライパンで両面を焼くだけです。
調理時間は10分前後!超簡単!!

味付けは醤油砂糖で大学芋がおすすめ。
マーガリンで味付けしても美味しい。

かんたんレシピ③
定番! 焼きいも

200度のオーブンで40分〜50分!
(または魚焼きグリルでもOK)

お芋の大きさが200g以上だと
1時間ほど時間がかかります。

ちなみに、
焼いてから15分ほど
余熱で放置すると
中までよく火が通ります。

※天板または網の上に
アルミホイルを敷くと
ベタベタにならずに済みます。

さつまいも

熟成編

~おいもを甘くするコツ~

<ポイント>
ビニール袋に入れて1〜2週間ほど
冷蔵庫の野菜室に入れておくと
甘みが少し増します。
(または常温で1ヶ月)

向き不向きがあるので
品種をよくみてください!
べにはるか、シルクスイート○
紅あずま、金時系、ベニコマチ×

さつまいも

保存編

~長く保存するコツ~

<ポイント>
温度は、暑すぎず、寒すぎない
ところに置くようにしてください。
食べきるまでに時間がかかる場合は、
加熱調理して冷凍保存が◎

箱や袋はできるだけ
密閉されていた方が良いです。
※お芋が乾燥し乾いてしまうのも
腐敗につながってしまいます。

時期保存方法
3~5月常温でOK
6~9月冷蔵庫の野菜室
※直射日光が当たらない、
涼しいところであればOK
20度を超える状態で保存すると
芽が出てしまいます。
10~11月常温でOK
12~2月なるべく暖かいところ
(玄関、廊下はNG) 
※10度以下の寒いところに
置くと腐ってしまいます。